2月18日、アネスト岩田横浜本社にて『BLUE LINK Fes. 2024』が行なわれ、スーパーGTのGT300クラスに参戦するANEST IWATA Racing with Arnageの参戦車両がお披露目。ドライバーたちも来たるシーズンに向けて意気込みを述べた。

 2022年にArnage Racingのメインスポンサーとなったアネスト岩田は、2023年からANEST IWATA Racing with ArnageとしてレクサスRC F GT3でGT300に参戦。イゴール・オオムラ・フラガと古谷悠河という若手ふたりを起用し、一部レースでは女性ドライバーの小山美姫が第3ドライバーとしてステアリングを握った。彼らは第6戦SUGOで7位に入ったがこれが最上位となり、ドライバーズランキング23位、チームランキング17位という結果に終わった。

 さらなる飛躍を目指す2024年シーズンも、チーム体制は基本的に前年と同じ。フラガと古谷が50号車ANEST IWATA Racing RC F GT3をドライブすることになる。なお、第3ドライバーは置かれないという。

 そんなANEST IWATA Racing with Arnageの今季参戦車両が、モータースポーツファンや地域住民が集まる『BLUE LINK Fes』にて今年もお披露目。フラガが実際に乗り込んでステージ前まで車両をドライブするというパフォーマンスも行なわれた。

 カラーリングは『グランツーリスモ』シリーズでお馴染みのポリフォニーデジタルがデザイン。スカイブルーを基調にしたものである点は変わりないが、その配色がやや変更されている。

 フラガも古谷も、今季はまず表彰台を目指したいと語る。フラガは昨年こそルーキーコンビで初めて尽くしの部分もあったものの、パッケージの変わらない今季こそ結果を出したいと意気込んだ。

「昨年は学びが多い年でした。最初はルーキーということもあり手こずりましたが、シーズン中盤は方向性も見つけられて徐々に戦闘力が上がりました。ただ、終盤はタイヤと天候が噛み合わず、望んだ結果が出せませんでした」

「今年は昨年と同じクルマに、慣れたメンバーとサーキットになります。昨年得た結果を活かして今年こそは上を目指したいです」

 古谷は、昨年のスーパーGTで手こずった点について補足しつつ、こう語った。

「特にスーパーGTの特殊なタイヤにドライバーもチームも苦労した部分がありました。路面温度や気温がちょっとでもズレるだけで、大きく(作動温度の)レンジから外れてしまうということを体験しました」

「そこにどう対処するかのノウハウはかなり蓄積されていますし、ドライビングを含めても少しずつ良くなって来ているので、それを全て噛み合わせれば必ず良い結果を出せるという手応えがあります」