世界ラリー選手権(WRC)第2戦ラリー・スウェーデンは、デイ2で総合首位に立ったエサペッカ・ラッピ(ヒョンデ)が優勝。ラッピにとっては、トヨタに所属していた2017年のラリー・フィンランド以来となるWRC2勝目となった。

 デイ2のSS4でオット・タナク(ヒョンデ)がコントロールを失い、スノーバンクの餌食となり、今季はパートタイム参戦となりこれが1戦目の昨季王者カッレ・ロバンペラ(トヨタ)もここでスピン。王者ふたりがそれぞれデイリタイアとなる中、ラッピは3連続ステージ優勝もあり、総合首位に立ってデイ3を迎えた。

 このラッピに次ぐ速さを見せたのが、トヨタの勝田貴元だった。SS4で最速をマークすると、SS4〜SS6まで総合首位。デイ2をラッピと3.2秒差で終えた。総合3番手は1分20秒7遅れのWRC2クラスを走るオリバー・ソルベルグと、ラッピと勝田の一騎打ちの様相となりつつあった。

 しかしデイ3のSS10で勝田はスノーバンクにクラッシュしてしまい、悔しいデイリタイア。これで楽になったラッピは、総合2番手に浮上したアドリアン・フルモー(M-スポーツ・フォード)に1分6秒3の差をつけて最終日デイ4を迎えた。

 今季は新ポイントシステムが導入されており、最終日のデイ4(今回はSS16〜SS18)をいかに走るかも重要となってくるが、総合3番手で最終日を迎えたエルフィン・エバンス(トヨタ)が猛プッシュし、ラッピまで34秒差の総合2番手まで浮上。最終パワーステージのSS18を迎えた。

 SS18でラッピは確実にマシンを持ち帰る走りを見せ、2017年以来となる久々のWRC優勝を果たした。

 総合2位となったエバンスは土曜日を3位で終えた上、日曜日の3ステージ合計では最速(プラス7ポイント)。パワーステージ2位(プラス4ポイント)と合計24ポイントを稼いだ。優勝したラッピは日曜日の加点が1点に留まり19ポイントと、エバンスの方が多くのポイントを獲得した。

 フルモーは総合3位。これが嬉しいWRCキャリア初表彰台獲得となった。

 昨季王者のロバンペラは、パワーステージで最速。サンデー・スタンディングはエバンスに次ぐ2位となり、計11ポイントを手にした。

 勝田はSS17でもクラッシュがあり、30秒ほどタイムをロス。パワーステージでは1点、サンデー・スタンディングでは6位となり計3点を手にしたものの、速さを示したラリーを悔しい形で終えることになってしまった。

 ヒョンデは開幕戦ラリー・モンテカルロでヌービルがフルポイントを獲得する完勝を果たしており、これで開幕2連勝。ただマニュファクチャラーズランキングでは、トヨタと同ポイントに並んでいる。ポイントリーダーはヌービル(48ポイント)。エバンスが3ポイント差でそれを追っている状態だ。