2月18日、MotoGPに参戦するアプリリアは2024年型のRS-GPとカラーリングを発表した。

 MotoGPは2月19〜20日にかけて開幕戦の行なわれるカタールのルサイル・インターナショナル・サーキットで最後の開幕前テストを予定。アプリリアはその直前にチーム体制発表を行なった。

 発表された2024年型RS-GPだが、カラーリングは昨年型とほとんど変わっていない。ただ、空力面では2月初旬のセパンテストでデビューさせて、その斬新なアプローチが話題を呼んだ新しいモノが反映されている。

 ライダーは今シーズンもアレイシ・エスパルガロとマーベリック・ビニャーレスの2名を継続。2024年はアプリリアがMotoGPの最高峰クラスに復帰して以来、10年目のシーズンだ。

 2023年にアプリリアは大きく飛躍し、エスパルガロがアルゼンチンGPで初優勝を達成。シーズン2勝で最終的にランキング6位を記録した。今シーズンは更にドゥカティへ接近し、タイトル争いを繰り広げることを目指している。

 エスパルガロはセパンテストでは非ドゥカティ勢では最も速いタイムを記録しており、新エアロに対しても「2023年のバイクよりも間違いなく良くなっている」と評価した。ただ、アプリリアがタイトル争いを繰り広げるためには、まだエンジンで改善が必要だとも指摘した。

 一方でビニャーレスは新型とのマッチングでまだ苦戦中で、調整が必要だと語っていた。

 MotoGPは先述のとおり、19〜20日にかけてカタールテストが行なわれ、その後は3月8日に開幕を迎える。