ホンダ・レーシング(HRC)は、佐藤琢磨をHRCエグゼクティブ・アドバイザーに起用することを発表。佐藤はインディ500への挑戦と並行し、若手の育成などを通じてモータースポーツの発展に寄与していくという。

 2023年、佐藤は名門チップ・ガナッシ・レーシングから、インディカー・シリーズのオーバルレースに参戦。インディ500では7位となった。2024年シーズンに向けては、古巣レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング(RLLR)に復帰し、インディ500に出場。通算15回目の出場で、3度目の制覇を狙うことになる。

 そしてそれと並行し、佐藤はHRCエグゼクティブ・アドバイザーとして、HRCの四輪領域の発展のためにこれまで以上に尽力していくことになった。

 その役割は、国内外のドライバー育成戦略、プログラムの策定を含めた4輪レース活動の全体の助言・サポート、HRCの商品展開にも関わるなど、非常に多岐にわたるようだ。

 また佐藤は、ホンダ・レーシングスクール(HRS)のプリンシパルとして、世界を目指す若手ドライバーの育成を引き続き担っていくことになる。

「2024年も、インディ500に挑戦します。これはひとりのレーシングドライバーとして、可能な限り挑戦していきたいと思います。その想いはHRCさんにも承諾していただきました」

 そう語った佐藤。そうして培われてきた豊富な彼の経験は、HRSプリンシパルとして、HRCエグゼクティブ・ディレクターとして次世代のドライバーに受け継がれていくことになる。

「今は想いだけではどうにもできない難しい時代になっていますが、ひとりのレーシングドライバーとして若手ドライバーと向き合い、自立して世界に羽ばたいていく、そんな姿を応援したい。そこをHRCさんとやっていきたいと思います」

「僕のこれまでの欧州ならびに北米での経験を存分に活かして、最大限のサポートをして、HRCの四輪モータースポーツの強化に、100%の力でお手伝いさせていただきたいという思いでこの度一緒にやっていくことになりました」

「自分としても初めての経験ですし、HRCの中でも新しいポジションということで手探りの状態から始まっていきますが、これからもご声援のほどよろしくお願いします」

 今後の具体的な活動についての質問を受けた佐藤は、F1日本GPではエグゼクティブ・ディレクターとしてできることはむしろ少ないと答えた。一方で、スーパーフォーミュラ開幕戦鈴鹿の現場に赴く予定だと明かした。

「F1との関わりについては、まだ何も決まっていないですし、自分にできることはむしろ少ないと感じています。これまで通りトークショーを含め、ファンに向けたメッセージなどがメインになると思います」

「(エグゼクティブ・アドバイザーとして)まず最初は、これまで軽い形で関わらせていただいてきましたが、Sakuraに公式に訪問して皆さんにご挨拶、ディスカッションになると思います。現場となりますと、スーパーフォーミュラの開幕戦が一番最初になると思います」

「そちらにお邪魔しまして、僕はまず国内レース、そしてその現状を勉強する立場だと思っております。もちろん、ドライバーから見た視点というのは彼らの気持ちがよく分かるので、その分個々のチームというよりはHRC全体として、これからの強化に向けてどんなことができるのか、現場の意見を聞きながらHRCと協議をしていきたいと考えています」

 海外志向の若者が減っているとも言われる中で、日本と世界のモータースポーツの違いについて聞かれた佐藤は、若者にチャンスを与えることが日本のモータースポーツ全体にも貢献することになると話した。

「今の日本のモータースポーツは世界基準で考えてもものすごくハイレベルだと感じています。スーパーGTは車好きであれば世界中のファンが知っているカテゴリーに成長しています」

「スーパーフォーミュラについて速いという認識はありつつも、そのレベルが実際どうなのか分からない人も多かったと思うんですが、近年はF1との関わりも強くなりまして再注目されていますし、F2と同等以上の価値があると自分としては感じています」

「国内トップドライバーが世界で活躍する技量を十分持っている反面、ドライバーとしてはスポンサー活動やチームとのコミュニケーション、1000人近い団体で共に勝利を目指さなきゃいけないので、求心力を蓄えてもらわなくてはいけない」

「そういう意味で今いるトップドライバーもさることながら、HRSに挑戦しているような10代の若手たちにできるだけ早く海外のレースを経験させて、何が必要なのかを肌で感じてほしいですね」

「すべてを応援することはできないですが、自分の経験をフルにHRCさんと共有して、ひとりでも多くの若者たちに環境を整えることができれば、日本のモータースポーツは盛り上がると思いますし、貢献にもなるのかなと思います」

「その中でHRCから、世界で活躍できるドライバーが続いてくれれば最高だと感じています」

 HRCの強化が開発意義のあるカテゴリーへの参戦や、世界で活躍する日本人への応援、モータースポーツへの注目度アップにつながっていくと考えている佐藤。新たな役割でも『No Attack, No Chance』の精神は変わらず、挑戦を続けていく。