メルセデスのルイス・ハミルトンが2025年からフェラーリに移籍することが明らかとなり、シーズンが始まる前からフェラーリを取り巻く話題の中心は“1年後”となっている。

 7度のF1世界チャンピオンの加入となれば無理もないが、フェラーリでチーム代表を務めるフレデリック・バスールは今シーズンに集中することが最優先と明言。この1年間を単なる過渡期として過ごすつもりはないとして、シャルル・ルクレール、ハミルトン加入によって2024年限りでチームを去るカルロス・サインツJr.のふたりと共に全力を注ぐと語った。

「2024年が移行の年となることはない。それは間違っている」とバスール代表は言う。

「我々にとって非常に重要なシーズンであり、私はそこに集中している」

「何かを準備する上での最善の方法は、いい仕事をすることだと思う。つまり、2024年に集中し、ベストを尽くしてレースに勝ち、2023年から続く道を進むのだ。2025年のことは全く考えていないよ」

 昨年初めにチーム代表に就任して以来、バスール代表は重要な人事を行なってきたが、そのうちいくつかはまだ公表されていない。そしてバスール代表は、チーム改善のプロセスは決して止まることはないと言う。

「DNA的に言うと、今あるものに満足し始めたら、死んでいるようなものだ」とバスールは言う。

「継続的な改善を行なうという心構えのもと、常に自分の弱点を克服し、ある部分ではステップアップを試みる必要があるのだ」

「これは終わりのないプロジェクトだ。現在チームに人が加わり始めているのは確かで、日々、チームを強化してステップアップしている」

「でも明日の朝になって『現状に満足している』と言うことはない。そのようなアプローチになったら、それは終わりの始まりだと思う」

 またバスール代表は、ルクレールとサインツJr.のコンビが2024年もチームを前進させると確信していると語った。

「昨年を振り返ってみると、我々はシーズンを通して非常にポジティブな進化を遂げた」とバスール代表は言う。

「しかしシャルルのパフォーマンスがもう少し、カルロスのパフォーマンスがもう少しという時期もあった」

「チームの回復のために、前半と後半でドライバーたちは適切な役割を果たしたと思う。レーシングチームにはこういう進化が必要だ。そして今日、我々はそうなっている」

「我々はもっと上を目指したいし、もっとプッシュしたい。それが我々のレーシングチームのDNAだ。正直なところ、2024年もこのようなポジティブな進化を遂げることができると確信している。そして改善を続けるためにも、これがとても役立つだろう」