先月、IMSAスポーツカー選手権の開幕戦として行なわれた伝統のデイトナ24時間レース。2月末になって、同レースのGTD ProクラスとGTDクラスでBMWとフェラーリのバランス・オブ・パフォーマンス(通称BoP/性能調整)違反が発覚した。

 これにより、BMWとフェラーリに対して2万5000ドル(約376万円)の罰金とIMSAマニュファクチャラーポイントの剥奪という処分が下った。一方、デイトナ24時間レースの最終リザルトに変更はなく、ドライバーやチームのポイントも維持される。

 2024年のデイトナ24時間レースは、IMSAの新たなGTD用BoPシステム下で行なわれた最初のイベントとなり、メーカー自らがパフォーマンスレベルを申告することになっていた。

 GTD Proクラスでは、リシ・コンペティツィオーネの62号車フェラーリ296 GT3が優勝。AOレーシングの77号車ポルシェ911 GT3 Rを挟んで、ポール・ミュラー・レーシングの1号車BMW M4 GT3が3位に入った。

 またプロ・アマカテゴリーであるGTDクラスでは、ウィンワード・レーシングの57号車メルセデスAMG GT3が優勝。2位と3位はAFコルセ21号車、コンクエスト・レーシング34号車の296 GT3が掴んだ。

 ただ今回のBoP違反によって罰金の他、IMSAマニュファクチャラー選手権でフェラーリは300点のGTD Proポイント、250点のGTDポイント、耐久カップで15点のGTD Proポイントと9点のGTDポイントを剥奪された。

 一方でBMWはIMSAマニュファクチャラー選手権で350点のGTD Proポイントと320点のGTDポイント、耐久カップで15点のGTD Proポイントと14点のGTDポイントを剥奪された。

 BMWとフェラーリに対しての処分は、IMSA技術委員会と監督オフィシャル両者の声明で「デイトナ24時間レースにおいて実証されたパフォーマンスは、GTマニュファクチャラー技術ワーキンググループで共有されたIMSAの予想を上回るモノであった」として“全会一致”で決定された。

 声明には次のようにも記されている。

「目的は、各マニュファクチャラーのベストな例の実証されたパフォーマンスが、目標とするパフォーマンスウィンドウ内に収まるようにすることであり、競争上の同等性を確保することだった」

 なお、IMSAのBoPに関する決定に対して、不服申し立てや抗議はできない。