株式会社トムスは、2024年のスーパーGT GT500クラスに参戦するチーム体制およびマシンのカラーリングを発表した。

 TOYOTA GAZOO Racingは昨年12月、2024年シーズンの国内レース体制発表を実施。その際、36号車au TOM'S GR Supraおよび37号車Deloitte TOM'S GR Supraのドライバーラインアップは明らかとなっていた。

 坪井翔とのコンビでチャンピオンに輝いた宮田莉朋が海外挑戦のためスーパーGTをはじめとした日本国内のレース活動から離れることとなり、新たにチームに加わった山下健太が36号車で坪井と組むことになった。

 37号車は笹原右京とジュリアーノ・アレジのタッグ変わらず、苦しい1年となった昨シーズンからのジャンプアップを目指す。

 今回明らかとなったサプライズは、ミハエル・クルムが37号車の監督に就任したことだ。

 クルムといえば近年、NISMOのエグゼクティブアドバイザーを務めるなど、日産の人というイメージの方も多いかもしれない。しかし来日後のキャリア初期はトヨタのドライバーとしてトムスのマシンを駆り、全日本F3(1994年)や全日本GT選手権のGT500クラス(1997年/カストロールトムススープラ)を制しており、この度古巣のチーム監督に就任することとなった。

 昨年まで37号車のチーム監督に就いていた山田淳氏はトムスの総監督に。舘信秀氏はチーム代表の座に就任。2台のチームエンジニアは引き続き、小枝正樹氏が務めるという体制となっている。

 クルム監督は、「ピットウォールで37号車とともに、ドライバーそしてトムスのチームメンバーとともに戦えることに、とてもワクワクしています。また、トムスファンの皆さまとサーキットでお会いできることを楽しみにしています」とコメントを寄せた。

 チームの体制は以下の通りだ。

TOM'S 2024年スーパーGT GT500クラス参戦体制

チーム代表:舘信秀
総監督:山田淳
チーフエンジニア:小枝正樹

TGR TEAM au TOM’S

車両名:au TOM’S GR Supra
カーナンバー:36
チーム監督:伊藤大輔
ドライバー:坪井翔/山下健太
担当エンジニア:吉武聡
チームアテンダント
au Circuit Queen:央川かこ/辻門アネラ
ZENT sweeties:寺地みのり/さかいゆりや


TGR TEAM Deloitte TOM’S

車両名:Deloitte TOM’S GR Supra
カーナンバー:37
チーム監督:ミハエル・クルム
ドライバー:笹原右京/ジュリアーノ・アレジ
担当エンジニア:大立健太
チームアテンダント
マツモトキヨシキューティー:林れむ
TOM’S Team Attendant:東海琳里咲