2024年のF1日本GP開催直前となる4月3日(水)に、ホンダは六本木ヒルズクラブでレッドブルとビザ・キャッシュアップRBのドライバーをゲストに招くプレミアムなファンイベントを開催すると明かした。

 これまでF1日本GPは秋の開催が定着してきたが、2024年からはシリーズのサステナビリティへの取り組みなどもあり春開催へ変更。4月7日(日)に鈴鹿サーキットで決勝レースが行なわれることになった。

 その日本GPに先駆けて、ホンダは東京・六本木でプレミアムなファンイベントを開催する。

 ホンダは4月3日に六本木ヒルズクラブで「Honda Japanese GP welcome session 2024〜Featuring with Oracle Red Bull Racing and Visa Cash App RB F1 Team〜」と第したイベントを開催する。

 ここにはホンダがパワーユニットを供給するレッドブルとビザ・キャッシュアップRB、2つのF1チームから4名のドライバーがゲストとして参加する。

 現F1王者のマックス・フェルスタッペンとそのチームメイトであるセルジオ・ペレス、そしてRBからは日本人ドライバーの角田裕毅とダニエル・リカルドがゲストとして参加。さらに他のゲスト登場も予定されているようだ。

 ホンダはこのイベントについて「サーキットでは見ることができないドライバーの一面に触れられる機会をご用意した、プレミアムな有料ファンイベントです」と説明している。

 現時点ではイベント内容や参加チケットの申し込み方法など詳しい情報は明らかになっていない。詳細は3月上旬にホンダの公式SNSアカウントで告知される予定だ。

 日本でF1ドライバーと間近で触れ合える機会はそう多くない。有料イベントとされるもののこの貴重な機会に参加するためにも、ファンの方は今から有給休暇の取得準備を始めておくのがいいかもしれない。