2024年のMotoGP開幕戦カタールGPでは、ドゥカティ陣営がスプリントと決勝を制した。ただエネア・バスティアニーニ(ドゥカティ)はKTMがかなり接近していると警戒しているようだ。

 カタールGPではスプリントをホルヘ・マルティン(プラマック)、決勝をフランチェスコ・バニャイヤ(ドゥカティ)が勝利を挙げた。昨年に引き続きドゥカティ陣営が強さを見せつける結果に終わった。

 しかしドゥカティが独走するかどうかはまだ分からない。スプリントと決勝で共に2位を獲得したKTMのブラッド・ビンダーが、彼らに待ったをかける存在になるという見方もある。

 それを実感しているのが、ドゥカティのバスティアニーニだ。スプリント6位、決勝5位でグランプリを終えたバスティアニーニは、KTMが2024年シーズンの新型マシンでドゥカティとの差を縮めてきたと語った。

「ドゥカティは現在、全てのファクトリーにとっての基準となっているけど、KTMは僕らにかなり接近してきている。ブラッドが開幕戦のスプリントと決勝で競争力を発揮したことを目の当たりにしてきたんだ」

 バスティアニーニはそう語る。

「KTMファクトリーはアプリリアと共に、今年の僕らのライバルとして接近してくると思うよ」

 ビンダーはカタールGPの予選Q2では、ドゥカティ陣営以外のライダーでは唯一1分51秒台のタイムを記録して4番手を確保。スプリントでは鋭いスタートから2番手を終始走行して2位を獲得し、決勝ではマルティンを追い抜いて連続2位表彰台を手にした。

 KTMは高い戦闘力を備えているようだが、マシンを走らせているビンダー本人としては、まだドゥカティと同レベルには無いと感じているようだ。

「僕は(KTMのレベルは)去年と同じだと思う。僕らは凄く接近している」とビンダーは言う。

「でも、それが可能か(ドゥカティと同レベルで競えるか)どうかは、まだわからない」

「僕の感覚としては、こっちは常に100%プッシュしているようなところで、彼らは数%だけ使いたいときに使える余力がポケットに隠しているように感じるんだ」

「最後のちょっとした一歩を待ち望んでいる。またトライしてみよう」