ウイリアムズはF1オーストラリアGPの2日目以降をローガン・サージェントが欠場することを発表。チームメイトのアレクサンダー・アルボンがサージェントのマシンを引き継ぎ、グランプリ2日目以降は1台体制で臨むこととなった。

 アルボンはオーストラリアGP初日のフリー走行1回目で大きなクラッシュを喫し、そのダメージはシャシーにまで及んだ。

 ただウイリアムズはスペアシャシーをオーストラリアGPに持ち込んでおらず、現状ではアルボンのマシンは修復不可能。そこでチームはエースドライバーであるアルボンを優先し、チームメイトのサージェントのマシンをアルボンに使わせることを決めた。これによりサージェントは、オーストラリアGPの2日目以降、欠場を余儀なくされることとなった。

「ローガンには、自分が犯した訳でもないミスで苦しませてしまう。しかし、中団争いがかつてないほど拮抗している状況では、全てのレースが重要だ」

 チーム代表のジェームス・ボウルズはそう説明した。

「この決断は軽々しくなされたモノではなく、ローガンが潔く決断を受け入れ、チームへの献身を示してくれたことに感謝してもしきれない。彼は真のチームプレイヤーだ」

「この週末はウイリアムズにとって厳しいモノになるだろうし、こういう状況に陥ることは2度とないだろう」

 アルボンは2023年シーズン、ウイリアムズが稼いだ28ポイントのうち27ポイントを獲得。マシンの強みを活かしたドライブでチームを牽引してきた。

「正直言うと、自分のシートを手放したいと思うドライバーはいない。こういうことは絶対に起こってほしくはない」とアルボンは語る。

「ローガンは最初から常に完璧なプロフェッショナルで、チームプレイヤーだった。今回の件は彼にとっても受け入れるのが容易ではないだろう。しかし現時点では、この状況にくよくよしている訳にはいかない。今の僕の仕事は、今週末のポテンシャルを最大限に引き出して、チーム全体と協力して最高の仕事ができるようにすることだけだ」

 そしてサージェントは次のように語った。

「今回は僕のキャリアの中で最も厳しい瞬間で、決して簡単なことじゃない」

「しかし僕は100%チームのためここにいるし、僕らができることを最大限発揮するために、今週末もできる限りの貢献を続けるつもりだ」

 ボウルズ代表によると、ウイリアムズがオーストラリアGPに3つ目のシャシーを持ち込まなかった理由は、今季マシンFW46の準備を間に合わせるための妥協だったという。

「現代F1でスペアシャシーがないのは容認できないことだが、これは我々がこの冬の間にどれだけ遅れていたかを反映したモノだ。今後に向けてより良いポジションを得るために、大きな変化を遂げる必要があることを物語っている」とボウルズは説明した。

 ウイリアムズが決定を下す前にボウルズ代表がmotorsport.comに語ったところによると、スペアシャシーを用意しなかった原因のひとつには、チームがマシン開発を極限まで推し進めたことが関係しているという。

 なお、FP1でのクラッシュそのものについてアルボンは、ターン6出口の縁石で跳ねた後にマシンのバウンドが収束しなかったと説明した。

「少し探りながら走っていて、少しワイドになって若干アグレッシブに縁石に乗っかんたんだ。それでフロントが浮き上がった」とアルボンは言う。

「正直なところ、その時は(クラッシュするなんて)何も考えていなかった。ただ『OK、問題ない。しっかり戻してマシンを着地させよう』と思っていた」

「でも着地した時に、かなりひどい底打ちがあった。平手打ちを食らったような感じだったよ」