F1オーストラリアGPの初日には、フェラーリ勢が好調な走りを披露した。これについて同チームのシャルル・ルクレールは、今回はチームがかなり良い状態にあると感じているようだ。

 今シーズンの開幕2戦は、いずれもレッドブルが1-2フィニッシュを達成するだけでなく、後続に大きな差をつけた。他チームが土をつけるのはまだまだ先ではないかと考える人たちも多かったが、今週末のオーストラリアGPが、フェラーリにとってはレッドブルを倒す最初のチャンス到来ということになるかもしれない。

 ルクレールは、依然としてレッドブルにアドバンテージがあるはずだとしながらも、過去2戦よりも接近できるはずだと考えている。

「最初の2レースよりも、良いポジションにいると言えるだろう」

 そうルクレールは語った。

「しかしレッドブルはまだプッシュしていない。僕らとしては、彼らのポテンシャルが実際にどこにあるのか、様子を見る必要がある」

「彼らはまだ先を行っていると思うけど、今週末の僕らは今季ここまでのベストショットを狙えるかもしれない」

 ルクレール曰く、オーストラリアGPの初日は順調そのもの。文句のつけどころはほぼなく、残りの週末にはさらなるパフォーマンスを引き出せる可能性があると語った。

「今のところは良い感じだ」

 そうルクレールは語った。

「FP1の最初の走行からFP2の最後まで、良い1日を過ごすことができた。良いスタートが切れたと思う」

「でも僕らは、驚きの結果を得られると確信しているから、さらに懸命に働き続ける必要がある。いくつかの部分では、まだ改善できる余地がある。でも、ロングランのペースはかなり良かったので、心強い」

 前戦サウジアラビアGPを虫垂炎のために欠場したカルロス・サインツJr.は、今回が復帰戦。初日を終え、問題なかったと語った。

「大丈夫だ、ありがとう。問題ないと思うよ」

 そうサインツJr.は語った。

「もちろん、走行後には疲れを感じたし、体力的には100%ではなかったと思う。それでも、良い1日を過ごせたように思う。1週間前に、プラクティスを問題なく行なえるようになるよと聞いていたら、どれだけ嬉しかっただろうね。でも、とても良かったよ」

「明日(土曜日)に向けて、十分な睡眠と回復が必要だ。でも気分はいいよ」

 サインツJr.は、予選に向けてもっとパフォーマンスを発揮できると感じている旨を明かした。

「一歩ずつだった。そして徐々にリズムに乗っていった。マシンの限界にも、自分の限界にもまだ達していない」

 そうサインツJr.は語る。

「でももっと周回を重ねて、マシンに乗っている時のフィーリングにもう少し自信を持てるようになれば、明日はもっと速く走れるだろう。ポールポジションを目指して、他の人たちと戦えると思う」

「FP1で見たように、非常に僅差の戦いになると思う。FP2では良いステップを踏めたが、明日の予選はFP1に似たような状況になるはずだ」