メルセデスF1のトト・ウルフ代表は、2025年に向けて探しているルイス・ハミルトンの後任ドライバーについて、現レッドブルのマックス・フェルスタッペンが条件付きながらも第一候補だと認めた。

 ハミルトンは今季開幕前に、2025年にフェラーリへ移籍することを決断。メルセデスはその後任となるドライバー探しが必要となった。

 そしてかつてはあまり考えられていなかったことだが、今ではフェルスタッペンがその後任としてメルセデスに加入することになるのではないかという憶測が飛び交っている。

 レッドブルで3度の世界チャンピオンに輝いたフェルスタッペンは、2028年までの長期契約をレッドブルと結んでおり、移籍などは考えられないものと見られてきた。しかしクリスチャン・ホーナー代表の不適切行為疑惑を巡って、レッドブルが内紛の様相を呈して来てから、風向きが変化した。

 またフェルスタッペンの父であるヨス・フェルスタッペンがホーナー代表が現職に留まることでチームの分裂につながると主張し、彼らが対立しているという噂が加速。さらにレッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコの情報漏洩疑惑と解任の可能性が浮上すると、フェルスタッペンは強固にマルコを支持した。

 同時にヘルムート・マルコがチームを去ることになった場合、フェルスタッペンに契約を破棄し移籍できる条項が含まれていることが判明した。

 こうした状況と、レッドブルが自社製造する2026年以降のパワーユニットの競争力が劣っているという噂が加わり、フェルスタッペンがメルセデスへ移籍するのではないかという見方に拍車をかけた。

 そして最近、メルセデスのウルフ代表はFox sport Austriaに対し、“並外れた”フェルスタッペンとの関係は「然るべき段階で実現する必要がある」と語った。

 そしてジョージ・ラッセルのチームメイトをいつ決めるのか?と尋ねられたウルフ代表は、次のように答えた。

「トップチームとしては、空いている席が我々には唯一ある状況だ……マックスが去ると決めない限りはだが。そうなれば(フェルスタッペンがレッドブルを離れれば)我々のシートはもう空いているわけではなくなる」

 ウルフ代表はハミルトンの後任は夏に向けて決断を下すだろうとしつつも、それは「マックスがどうするかによる」とも語った。

 なおメルセデスはフェルスタッペンを引き入れるチャンスを失った過去がある。2014年にフェルスタッペンがF3ヨーロッパ選手権に参戦していたとき、メルセデスも興味を持っていたものの、レッドブルと異なりF1シートを用意できなかったのだ。

「私も彼をF3で見ていたが、非常に優れていたね」とウルフ代表は言う。

「私は彼の父親とは良い関係を築いていて、ウィーンの私の家で何ができるか話し合ったりもした」

「彼にF1のシートを与えることが私にはできなかったんだ。『一緒にF2をやろう。資金も全額出すし、来年のマシンとシートを確約する』と話した」

「彼らからは『今のところレッドブル(当時のトロロッソ)からオファーが来ているんだ』と聞いた。そうなると、我々には勝ち目がないことは分かっていたよ」

「そして次の年の途中で、彼は(ダニール・クビアトに)代わってレッドブルのシートを獲得したんだ」

 フェルスタッペンとの関係が紆余曲折を経てかつての構想に“戻ってくる”可能性を訊かれたウルフ代表は、こう答えた。

「間違いなく、ね。それは然るべき段階で起こる必要がある、といったようなものだが、それがいつ起こるかは分からない」

 そしてウルフ代表はフェルスタッペンがハミルトン後任候補“ナンバーワン”であるが、現段階では育成ドライバーのアンドレア・キミ・アントネッリや、ハミルトン加入によりフェラーリを離れるカルロス・サインツJr.、アストンマーティンのフェルナンド・アロンソなどの選択肢も無視することもできないと語った。