ウイリアムズF1のジェームス・ボウルズ代表はF1日本GPに向けて、問題なくアレクサンダー・アルボンのマシンを修復できるだろうと語った。

 アルボンはオーストラリアGPのフリー走行1回目で大クラッシュ。シャシーにまでダメージが及んでしまった。しかもオフシーズン中には開発を進めることを優先したため、スペアシャシーを用意できておらず……そのためウイリアムズは、やむなくローガン・サージェントを欠場させ、アルボンにマシンを譲渡させることを決めた。

 ウイリアムズはアルボン車のシャシーをファクトリーへと送り返し、修理して再利用する予定だと明らかにしていた。オーストラリアGPから2週間後にF1は第4戦日本GPを予定しているが、ボウルズ代表によると修理は大きな問題なく間に合いそうだという。

「シャシーを修理できると確信している」とボウルズ代表はコメントした。

「月曜(25日)早朝にここ(イギリスのファクトリー)にシャシーが確実に届くように手配していた。そして、深夜2時頃に届いたと思う。施設内にはすでにスタッフが詰めていて、バラして修復作業を始めている」

「我々は鈴鹿に向けてシャシーを修復できる、良い状況にある。実際、メルボルンでは写真撮影と非破壊検査を行なったんだ。そのおかげで、ダメージの具合や行なうべきことを完全に理解することができた」

「そしてその準備こそが鍵となり、我々は午前2時から作業が開始できたんだ。だから鈴鹿では、さほど問題なく2台のマシンを走らせることができるだろう」

 ただ、ウイリアムズは日本GPでもスペアシャシーは用意できていないため、クラッシュに対しては慎重にならざるをえない状況が続いてしまう。

 ボウルズ代表は今回のアルボンのシャシー修復にリソースを割り振ったことで、3台目のシャシー制作が更に先送りされ、第5戦中国GPでも間に合わない可能性があると示唆した。

「シーズン開幕に向けた当初の計画では、開幕戦で3台のシャシーを用意することだった」

 ボウルズ代表はそう語る。

「しかしアイテムがだんだん遅れていくにつれて、第3戦にまで緩やかにズレていってしまった。そして特に、今回(アルボン)シャシー修復の作業によって、また少し遅れることになる」

「複合材料の用意に、何千時間も費やされている。これはF1チーム内でも最も大きな仕事のひとつだ」

「でもシャシーはもうすぐ手に入るだろう。それまでは、目の前の状況に対処しなくてはならない」