F1第4戦日本GPでは、レッドブルとホンダの育成ドライバーである岩佐歩夢がRBからフリー走行1回目に出走する。岩佐がダニエル・リカルドのマシンに乗り込み、今年でF1参戦4年目を迎えた角田裕毅と共にセッションを担当することとなったのだ。

 岩佐のF1初セッションに向けて角田“先輩”は、「思いっきり楽しんでほしい」とエールを送った。

 今年日本のスーパーフォーミュラへ参戦する岩佐は、昨年までF1直下のFIAF2に参戦。2023年シーズンにランキング4位を掴み、F1参戦に可能なFIAスーパーライセンス発給要件を満たした。

 岩佐は昨年末にアブダビで行なわれたルーキーテストでF1初ドライブを果たし、今季はスーパーフォーミュラ参戦の傍ら、レッドブル陣営でF1シミュレータ作業を担当しており、今回RBのVCARB01をドライブすることでシミュレータとの相関関係を把握することができるという面でも大きな意味がある。

 岩佐と同じく鈴鹿レーシングスクール(SRS/現ホンダ・レーシングスクール・鈴鹿)の卒業生であり先輩の角田は、自身がF1デビュー前に日本GPの公式セッションに出走する機会が無かったことから「羨ましい」と語り、楽しむことの重要性を強調した。

「僕としては羨ましいです」と角田は語った。

「ジュニアドライバーの時に僕は日本GPのFP1を走れなかったので。そこを体験できるのは羨ましいですし、それを楽しんでほしいと思います。本当に特別なことですし、走れば彼もそれがわかると思います。彼も走ればパフォーマンスを発揮していくと思います。楽しんでほしいです」

「特にアドバイスはないですし、思いっきり楽しんでくれればと思います。彼も鈴鹿をたくさん走っていると思いますからね」

 角田と岩佐はアブダビテストに参加した他に、ホンダ・レーシング・サンクスデー2023の前日に行なわれたカート大会で共演。FIA F4時代にも共にレースを走ったことがあるものの、これまで角田は岩佐の走りをしっかりと見る機会がなかったという。

「一度F4の時に、彼も参戦していたことがあって、(レースで一緒になったのは)そのくらいですかね。あまり一緒に走る機会がありませんでした」

 角田はそう語るものの、岩佐のジュニアカテゴリーでの実績は十分だとしてFP1では存分にその実力を発揮してほしいと続けた。

「彼もジュニアカテゴリーで成績を残しているドライバーです。もちろん速くなかったらFP1も乗れないと思いますので、彼の速さを思い切り発揮して欲しいと思います」