2024年のF1第4戦日本GPの予選で、RBの角田裕毅は10番手となった。トップ5チームの10台が抜きん出ている今季序盤戦のF1においてトップ10に食い込んでみせた角田のパフォーマンスに、詰め掛けたファンは大いに盛り上がったが、当の角田に笑顔はほとんど見られなかった。

「(Q3で)まとめきれなかった部分もあるし、少しバランスに苦しんだ部分もあったので、そこは課題かなと思います」

 予選後のインタビューでそう語った角田。初日を終えた段階ではまずまずの感触があり、大きくセットアップを変える必要はないだろうと語っていたが、実際に予選に向けてもダウンフォースレベルを調整する程度の変更に留めたようだ。

 ただ予選アタックでは特に低速域でのマシンバランスに苦しんだようで、ヘアピンやシケインではミスもあり、タイムを失っていたという。

「低速コーナーでのバランスに苦しんだのでそこに気を取られたというか……。もう1セッションあれば、もう少しクルマのセットアップで引き出せた部分があるかなと思います」

「(バランスに苦しんだのは)ターン11(ヘアピン)とシケイン、どちらかというとターン11ですかね。旋回性がかなり悪く、コーナーで出口で後れをとっていることは自分でも感じていましたが、それをどういう風に直すのかという点は難しかったですね」

 角田にとっては、今回が3度目のF1日本GP。今回はこれまで以上にプレッシャーを感じていたとのことで、それは“責任感”からくるものだったようだ。

「今までの日本GPよりは少しプレッシャーを感じた予選だったかなと思います」

「責任感というか……そんな感じです。でも日本のお客さんの歓声の中でエネルギーを感じられたことは最高でした」

 そのプレッシャーの中でマシンバランスにも苦労し、満足のいくアタックができなかったことが、角田にとっては悔しさに繋がっている。ただQ3に残った中で角田を除いた9台は、前述の“トップ5チーム”のドライバーであり、彼らの牙城を崩すことは難しかっただろう。しかしそれでも「今のクルマの最大限を引き出したい自分としては悔しかった」と角田は言う。

 決勝レースに向けては「明日どれだけクルマをまとめ切れるかが重要です。ダニエル(リカルド/チームメイト)も近いので、後続の対策もチームとして何かしらできると思います。もちろん2台ともポイントを獲れれば最高ですけどね」とコメントした。自身初の母国レース入賞に向けて、角田はその“責任感”に打ち勝つことができるか。