フェラーリF1は直近のレースではカルロス・サインツJr.が好調でシャルル・ルクレールを上回っている。ルクレールは単にサインツJr.が良い仕事をしていると考えており、あとは自分次第であり、改善にも自信があると語った。

 サインツJr.はシーズン開幕前に今シーズン限りでフェラーリを離れることが決まるという厳しい状況だったが、シーズンが始まってみると好調な走りを見せた。

 特にサウジアラビアGPを虫垂炎の手術で欠場した後のオーストラリアGPで勝利すると、日本GPでも予選、決勝でチームメイトのルクレールを上回る結果を出している。

 序盤戦では今シーズンのマシンにサインツJr.のほうが早く適応しているように見えるが、ルクレールにその点を尋ねると「サインツJr.が単純に良い仕事をしている」という見解を示した。

「僕はシンプルに彼が良い仕事をしているんだと思っている。(開幕戦の)バーレーンについては僕の方に問題が起きていたから比較は難しいんだけど、それを別にすれば週末を通じてかなり強さを発揮していたと思うよ」

「だけどここ2レースで、彼はより強さを見せている。だから僕次第なんだ。特に普段なら強みである予選ペースではね」

「僕はラップをまとめ上げるのに苦労してしまっているんだ。アウトラップでタイヤを正しい(作動温度の)ウインドウに入れて上手くいくかどうかが、紙一重なんだ」

「今のところ、僕はカルロスよりも苦戦してしまっていて、彼はとても高いレベルでドライビングしている。僕も努力を重ねているし、そういったことに取り組んでいるときに、僕は普段からかなり早く改善できると自信を持っている」

「心配はしていない。でもコース上で示す必要があるのは確かだ。(スプリント開催の中国GPは)明日から予選が始まるからね」



 なおルクレールは中国GPでは、今シーズンのマシンに合うであろう低速コーナーが増えてくるため、レッドブルのマシンが長所を発揮していた日本GPよりも接近できると考えている。

「理論的にはこのコースは鈴鹿と比べて少し僕らが強くなれる場所だと思う。でも僕らは同じようにアプローチしていくだけだ。依然としてレッドブルは今週末も優位に立っていると思うよ」

「土曜日に良い仕事ができなかった時、特に鈴鹿の予選のように、ミスをしてしまうのはとても容易い。4番手から5番手になるのではなく8番手になってしまうんだ。だから、自分たちの事に集中していくだけだ」

「レースではより近づいていけると思う。とはいえ様子を見よう。ここは前回走ったのも随分前だからね。コースが塗られているところがあったり、色々妙なモノがあったりするのを見たよ。だからマシンがどんな動きをするか、レースで受ける主な制限は何かなどを確認していかないといけない」

「それでも、理論上では彼らに近づけると思う」