F1中国GPのレーススチュワードは、アストンマーティンの抗議を棄却。フェラーリのカルロス・サインツJr.の予選結果を認める決定を下した。

 中国GPの予選Q2でサインツJr.は、最終コーナーでコントロールを失い、タイヤバリヤにクラッシュ。これにより赤旗中断となった。この時メッセージングシステムでは、サインツJr.はコース上にストップしたと表示された。しかしサインツJr.は自力で再始動しピットに戻り、その後の予選セッションにも参加することになった。

 これについてアストンマーティンは、「予選セッションまたはスプリントシュートアウト中、車両を走路上に停止したドライバーは、そのセッションのそれ以降に参加することは認められない」というスポーティングレギュレーションの条項に反しているとして抗議した。

 中国GPのスチュワードは、この件について公聴会を開くなどして検証。その結果、今回のような”停止”は、これまでも「外部からの支援を受けない限り、クルマの再始動と続行を許可するという明確なパターンが、このルールによって解釈されていた」として、アストンマーティンの訴えを棄却した。