ウイリアムズのジョージ・ラッセルは、F1エミリア・ロマーニャGP決勝でのバルテリ・ボッタス(メルセデス)とのクラッシュを振り返り、「おそらく別のドライバーだったら、違う行動をしていただろう」と語った。

 ラッセルとボッタスは、エミリア・ロマーニャGPの決勝レースで9番手を争っていた。そして31周目、ラッセルがボッタスを抜きに行ったところ、タンブレロ手前で高速で接触。2台のマシンは絡み合うようにコントロールを失い、ウォールに激突。コース上にパーツを撒き散らしながら進み、コース脇のグラベルに停まった。

 ラッセルはこの時、DRSを使ってボッタスを右側から抜きにかかっていた。ボッタスは緩く曲がるターン1で左側に進路を取ったが、その後若干右側に進路を変更。行き場をなくしたラッセルは、コース外にタイヤを落としてしまい、コントロールを失ってボッタスと激突した。

 この事故で2台はリタイアし、レースは赤旗中断となった。

 ストップしたマシンから降りたラッセルはボッタスの元に駆け寄り抗議。ヘルメットを叩いたようにも見えた。またボッタスは中指を立ててラッセルに応戦した。

 ボッタスはアクシデントの後、この事故は「明らかに」ラッセルのミスが原因であり、十分なスペースを残したと主張した。一方でラッセルは、ボッタスが”紳士協定”を破ったと語る。

「DRSを使った速いマシンが近付いてきた時、最後の瞬間にハンドルを動かさないという紳士協定がある」

 ラッセルはそう語った。

「僕はスリップストリームを使い、進路を変更した。そしてバルテリはごく僅かだが動いた。それによって僕は外側に押し出され、濡れた所の上に乗ってしまった」

「ごく普通のサーキットで、完全なドライコンディションであっても、それは危険なことだ。非常に狭いコースでコーナリング中、そして濡れた部分がある時には、言うまでもない。だから不幸な事件だった」

「しかし同時に、ああなるのは避けられなかった。あるドライバーがそういう小さな動きをすると、今回のような事故が起きる。小さな動きであっても、300km/h以上で走り、そして前を行くマシンよりも50km/hほど速く走っていると、それは大きな動きのようにも見える」

 ラッセルは、もし他のドライバーが相手だったならば、ボッタスは今回のような動きをしなかったのではないかと考えている。ラッセルはメルセデス育成プログラムのドライバーであり、将来ボッタスの後継としてメルセデスに加わる可能性が高いからだ。

「事故直後は明らかに、僕は彼にとても腹を立て、苛立たしく思っていた」

 そうラッセルは語る。

「僕は9番手を手にするために戦っていた。しかし彼にとって9番手は何の意味もない。ほとんど無意味なんだ。彼はレースの最終ラップで、勝利を賭けて戦っているかのような動きをした」

「なぜ彼が9番手を守るためにそれをするのかという疑問が生じる。おそらくそれが別のドライバーだったら、彼はああいうことはしないだろう。それが、僕の頭に浮かんだことだ」

「彼に完全に責任があるわけではない。そして、完全に僕のミスということでもない。それは避けられたかもしれない。でも、スチュワードにとっては良い例だったとも思う。こういうとても小さな動きでも、クラッシュを引き起こす可能性があるんだ」

 ラッセルは、ボッタスは事故の責任は自分にあると考えているはずだと語ると共に、高速で戦う際の正しいマナーも知っているはずだと語る。

「彼の観点からすれば、今回の事故は僕のせいだと考えているだろう。それについて疑いの余地はない」

「同時に、後ろからDRSとスリップストリームを使って近付いてくるマシンがある時、どんな速さでその距離が縮まるかということは知っているはずだ」

「最終ラップで、勝利を争っている時ならば、そういう動きもするかもしれない。しかし9番手、しかもレース中盤であるならば、その動きには何の意味もないんだ」