かつて妻・沙織さんとの入籍・披露宴についての直撃に応じた中村獅童

「まだ公表はしていないけど、妻は妊娠しています。母子ともに順調ですよ!」

 7月下旬、神奈川県内の高級マンションから出てきた中村獅童。

 白いタンクトップに黒いキャップと夏らしいファッションに身を包み、初めて妻の妊娠について口を開いた彼は、生まれてくる子のために一大決心をしていた─。

「今年の3月か4月ぐらいでしたかね。“解体作業でご迷惑をおかけします”と、事務所の方から挨拶があって。幹弘くんと母の陽子さんが長年暮らした家ですし、どうしたのかしらと思っていたら“建て替える”と。家族で新生活を始めるんですね」(近隣住民)

 都内の住宅地に、200平方メートルの広大な更地ができたのが今年の春。初代中村獅童こと小川三喜雄さんと妻の陽子さんが暮らし、幹弘こと2代目獅童が生まれた自宅があった場所だ。その生家が姿を消していたのである。

 '13年12月に陽子さんが他界して土地と建物を相続した獅童。二人三脚で歌舞伎界を歩んできた、最愛の母との思い出の自宅でもあった。

「三喜雄さんの役者廃業後、後ろ盾もなく7歳で萬屋の門をたたいた幹弘は、次第に役も減っていき伸び悩んでいました。それでも陽子さんは頭を下げて支援者を集めて後援会を立ち上げて、幹弘もまた自宅や稽古場で精進して役者として地位を築いていったのです」(松竹関係者)

 '15年1月に入籍した沙織さんも、この自宅で生前の“姑”から梨園妻のイロハを教えてもらっていたという。陽子さん亡き後は、同棲していたふたりが暮らしていたマンションから移り住むほどに大切な場所だった。では、なぜ取り壊してしまうのか。

「何でも建物の耐震構造に問題が見受けられたのだといいます。かなり古い造りでしたからね。それにいいきっかけができたことで、“家族の新生活”のスタートとして思い切って建て替えを決心したのだそう」(芸能プロ幹部)

 沙織さん妊娠の一報を『女性自身』が報じたのが6月のこと。

「おめでたい話にもかかわらず、その後、獅童からの正式な報告は皆無。お腹が目立っていたとのことから、すでに安定期に入っているのかもしれません。ただ同じく彼自身が手術を受けたばかりだっただけに発表は控えたのでしょうか」(芸能レポーター)

 獅童が初期の肺腺がんを患ったことを、直筆のFAXで明かしたのが5月18日のこと。

「がんが発見されたあと、自宅にも出入りしていた元医師の友人がすぐに病院を紹介してくれたそうです。おかげで速やかに診察、手術を受けることができたみたいですね。これも長年にわたって同地に根を張ってきた縁なのでしょう」(芸能プロ関係者)

 6月、7月の公演はやむなく欠場を余儀なくされるも、9月の復帰に向けて療養中だという。

「オレはいまリハビリ中で、順調に回復しているから」

 冒頭で訪ねたこの日もこれから病院に行くところだったのか、力強く答えてみせた。