昨年のNHK大河ドラマ『真田丸』で、“なりませぬ”の決めゼリフと“ヒール”なお局キャラで注目された女優の峯村リエ(53)。現在は、同局土曜時代ドラマ『悦ちゃん』(土曜夜6時5分〜)で、明治生まれの厳格な女性役がハマっている。舞台女優としてスタートしたキャリアや最近の映像での活躍ぶり、アラフィフ女優の素顔にも迫ります。

峯村リエ

  ◇   ◇   ◇  

「“浅はかさ”が、(『真田丸』での)大蔵卿局(おおくらきょうのつぼね)と共通していると思います。でも、それが人間っぽいし、愛すべきところじゃないでしょうか」

 こう語るのは、峯村リエ。放送中のNHK土曜時代ドラマ『悦ちゃん』に、主演のユースケ・サンタマリア扮する碌太郎(ろくたろう)の姉・鶴代役で出演している。“男やもめ”の弟を叱咤激励(しったげきれい)する一方で、財閥令嬢のカオル(石田ニコル)と結婚させて、自分の利益にしようと企む一面も。

 ドラマは、獅子文六の原作に現代風なアレンジを加えて、昭和初期の東京を舞台にした、人情ラブコメディー。

「すごくハラハラする事件や、手に汗握る展開もないけど、とても懐かしくて、最近のドラマにはない新鮮さを感じています。(演じていても)とても面白くて、引き込まれる作品です」

 ユースケとは、ミュージカルの舞台で一緒になって以来、10数年ぶりに共演する。

「本気なのか、冗談なのかわからないところが面白く、こちらの気持ちを楽にさせてくれる方です。ユースケさんの人柄もあって、収録現場も楽しいです」

 鶴代の役作りでは、髪型と着物姿の扮装が、手助けになっているそうだが、背筋が伸びた着物姿は、明治生まれの気骨ある女性を彷彿(ほうふつ)とさせる。

「明治生まれで、厳格な感じだった祖母の写真が浮かびました。富士額じゃない、まっすぐな生え際は、祖母に似ています(笑)」

『真田丸』の“なりませぬ”で注目

 峯村といえば、昨年のNHK大河ドラマ『真田丸』での、茶々の乳母・大蔵卿局役が評判に。“なりませぬ”のセリフとともにヒールっぷりが注目され、バラエティー番組の出演依頼も増えた。

「いまでも、(スタッフには)必ず“なりませぬ”を言ってください、と言われますね。抵抗? 楽しんで言っちゃいます(笑)」

 大河以外にもNHK朝ドラ『まれ』での、パティシエ志望の娘を強引に連れ戻す美容師の母親、深夜ドラマ『民王』(テレビ朝日)では、総理夫人の怖い妻ぶりなど、印象的で存在感ある役どころを演じている。

「偉そうなことは言えませんが、世の中は、悪役を待っていたんだ、と思いました」

 個性的で強烈なキャラクターの熟年女性がハマリ役といえば、6月に亡くなった野際陽子さんや高畑淳子がいるが、先輩たちに続く“姑(しゅうとめ)女優”として、さらに活躍の場は広がるのでは?

「そうだとしたら、うれしいです。野際さんも高畑さんも個人的に大好きな女優さんです。共演した経験はないですが、お芝居が上手ですし、同じラインに立たせていただけるのなら、こんなにうれしいことはないです」