8月初旬に行われた撮影に参加した真野(中央)。葬式のシーンのため喪服姿だった

「長らく撮影が中断していた映画『青の帰り道』の撮影が、8月に入ってようやく再開されました」(映画業界関係者)

 なぜ撮影は中断されてしまったのか。それには出演者が起こした、ある騒動が背景にあった。

「『青の帰り道』には、昨年8月にホテル従業員への強姦致傷容疑で逮捕された(不起訴処分)高畑裕太さんが出演していたんです。この作品のロケで群馬県前橋市を訪れていた際に、あの事件が起きました。出演者の逮捕で撮影は中断になりました」(スポーツ紙記者)

 なかなか撮影再開のメドが立たず、お蔵入りもささやかれたが1年後に無事、再開。

「真野恵里菜さん主演の同作は、群馬県前橋市で生まれ育った男女7人の若者たちが、夢や現実と葛藤し、自分たちの求めている場所を探すために必死に生きる姿を描いた青春モノです」(前出・映画業界関係者)

 しかし現在、製作現場には劇中の若者たちと同じように、厳しい“現実”が突きつけられているという。

「昨年ほぼ撮り終えていたこの映画は、予算をほとんど使ってしまったため、低予算を余儀なくされています。スタッフは監督の友人や知り合いなどをかき集めており、今回は1週間ほどでの強行撮影のようです。現場はバタバタですよ」(前出・映画業界関係者)

 低予算の影響は、こんなところにも現れていて……。