ナム・ジュヒョク 撮影/KimDaun(STUDIODAUN)

「やっぱり神も恋をするんだなというところに共感しました。逆に、恋をしているのに、なんで涙を流さないんだろう? と不思議に思いましたね。誰かを愛したら、うれしいこともあれば、悲しいこともあるじゃないですか」

 主演ドラマ『ハベクの新婦』で演じた、水の神ハベクについて語ってくれたナム・ジュヒョク(23)。もしかして、涙もろい?

「(テレながら)そうですね。涙の量が、人よりちょっと多いかもしれないです(笑)」

 飾り気のない笑顔を見せる。

 水国王となるために必要な神石を手に入れるために人間界に降りてきたハベクが、ヒロインのソアと運命の出会いを果たすことから始まる今作。常に上から目線で、“(自分に)惚れても、つける薬はない”なんていうキュンとさせるセリフを平然と言い放ったかと思えば、帰りの遅いソアを心配して家の外で待っていたりと、究極の“ツンデレ”ぶりを見せる。

「僕には、(女性をキュンとさせる行動が)できないですね。恥ずかしいです。釜山男子(日本でいう九州男子のように男らしい男性)なので、表現するのが苦手で」

 劇中、ハベクからいちばん欲しいものは? と聞かれたソアは“お金”と答える。

「そのとき、ハベクは“お金よりも幸せ(のほうが大事)だ”と言うんですが、同じ意見です。僕が幸せを感じるのは、満足した演技ができて、褒められたとき。今回のドラマは、自分にとってターニングポイントになる作品になったと思います。

 得たものが、とても大きかったので。自分にはなにが足りなくて、その問題はなんなのかということも正確にわかったように思いますし。それは今後、残念な部分を補い、克服していけるということですよね。そう考えることが、演じることへの原動力になると、思えるくらいに成長したんじゃないかって」