(写真左から)松坂桃李、斎藤工、西島秀俊

「あなたが抱かれたい男は誰ですか?」。週刊女性WEB『週刊女性PRIME』、読者ハガキほかで6月20日から7月20日までアンケートを実施。18歳から90歳(!)までの女性が回答してくれた。1414人が導き出した赤裸々な本音や、いかに?

令和のセックスシンボルは斎藤工!?

 今、いちばん“抱かれたい男”に輝いたのは、'17年でも1位だった斎藤工。“セクシーを愛し、セクシーに愛された男”が堂々のV2を達成した。

「やっぱり圧倒的なフェロモン」(31歳・会社員)、「唇にドキドキする」(40歳・主婦)、「だまされてもいいと思ってしまうほどのセクシーさ」(47歳・大学教員)、「うまそう」(34歳・主婦)、「エロい」(33歳・パート)

 とにかく「セクシー」という声の嵐。コラムニストの吉田潮さんは、

「セックスアピールという意味では納得の1位。なぜなら、斎藤さんは顔や声がエロいし、へそから下にめちゃくちゃ安定感がある。また、ユニークな考え方をする人なので、ただの“巨乳好き”など浅はかな性欲ではなく、興味深くいろいろな探求をしてくれそう……という期待を寄せちゃう人物ですよね」

 2位は、西島秀俊。前クールのドラマ『きのう何食べた?』のシロさん役は高評価を得た。

「スタイルがよく顔も優しげなのに、男っぽい雰囲気」(68歳・契約社員)、「あの年齢であのクールさはずるい」(18歳・学生)、「イケおじだから」(22歳・無職)、「身体が好み」(41歳・無職)

 銅メダルゲットは松坂桃李。前回42位からのジャンプアップとなった。

「甘いマスクと甘い声、好きです」(56歳・パート)、「どこをどうとってもカッコいい。純粋に優しそう」(48歳・会社員)、「エッチのときも優しそう」(57歳・自営業)

「松坂さんの『娼年』って映画、見ました? 名だたる女優さんたちとセックスしまくる娼婦の青年版で、めっちゃエロい! 彼は脱ぎっぷりがいいんですよね。映画『エイプリルフールズ』でも、真っ裸の後ろ姿の仁王立ちを披露してましたしね。

 脱がない俳優より、やっぱり身体を見たことのある俳優のほうが興奮しますよね。この3位は“松坂桃李は何でもやる”“ただのイケメンじゃねーぞ”と役者の幅を広げさせた事務所の勝利でしょう」(吉田さん)

 内科医のおおたわ史絵さんも、

「『娼年』を見た50歳過ぎの女性は、みんな松坂さんに抱かれたいと思っていますからね(笑)」

 4位には、ドラマ『わたし、定時で帰ります。』で仕事のデキる上司&元カレ役を好演した向井理。

「上司役として頼りになる存在が、もはやたまりません!!」(30歳・主婦)、「高身長だし、体格が大きいので包まれたい」(36歳・会社員)、「普段は無愛想でも、ベッドでは豹変する……そんな姿を見てみたい♪」(42歳・会社員)

 作家の亀山早苗さんは、向井の前回順位にびっくり顔。

「94位!? 西島さんも前回は30位!? 2年前は2人とも結婚の影響で順位を大きく下げていたんでしょうね。で、落ち着くと再浮上。みんな現実を受け入れたら、また抱かれたくなるってことですね(笑)」