岡村隆史 撮影/佐藤靖彦

「そろばんがトラウマだったんです」

 そう言いながら、目の前のそろばんを見つめるのは、ナインティナインの岡村隆史(49)。

「小学生のときに自転車を親にねだったら、“買ってあげるかわりに塾に行きなさい”って言われて。それで通い始めたんですが、教室が隣町だったので友達が誰ひとりといなくて、それが嫌で嫌で、やめてしまったんです。そんなそろばんを、まさか50歳を手前にやらなきゃいけないなんて……(笑)」

 と手をのばし、“願いましては〜”と言いながら珠を弾いていく。

意外すぎる“懐事情”を明かす

 忠臣蔵の“お金の話”を描いた映画『決算!忠臣蔵』で、金銭の管理を行う勘定方を演じた岡村。今回、時代劇に初挑戦!

「撮影前から“京都の撮影所はちゃんと挨拶しないと、カツラをきつく締められるらしい”とか、怖い噂を耳にしていて。でも、実際はみなさん温かくて、すごく楽しい撮影でした。そもそも、その噂をしてきたのは、役者の仕事をしていない東野(幸治)さんなんですけどね(笑)」

 芸人としての活躍はもちろん、役者として映像作品にも多く出演してきた岡村。もちろん、狙うは日本アカデミー賞!?

「前に日本アカデミー賞の話題賞をいただいたことがあって。あの賞って、一般の方の投票から選ばれるんですよ。僕、20年近くラジオをやってるから、そのリスナーの組織票がバーンと入ってきて受賞できたのかなと。最近は菅田将暉くんとか星野源さんも『オールナイトニッポン』をやってるでしょ? 票がそっちに流れてしまうんじゃないかという、危機感に襲われています(笑)」

 そんな岡村に、“お金の話を描いた作品”ということで、自身の懐事情を聞いてみると、

「実は僕、お金の管理はずっと親にやってもらってるんです」

 と意外な答えが。

「親も高齢になってきたので、最近ようやく自分でやろうとちょっとずつ勉強しているところです。それまでは、親に全部お金を預けてそこから生活費をもらっていて。大きな買い物をするたびに“車買うけど”“テレビ買うで”って父親に許可をもらって(笑)。もともとお金をすごく使うタイプではないんですけどね」