矢部浩之と岡村隆史

 ナインティナイン・岡村隆史のラジオでの発言に多くの批判が集まっている。問題の発言がなされたのは、彼がパーソナリティを務める『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)の4月23日の放送でのこと。

 風俗をめぐるその発言は多方面から問題視され、ニッポン放送が番組の公式サイトで謝罪。4月30日には番組で岡村自身の口から謝罪の言葉が述べられた。その放送中、ラジオブースに突然、入ってきたのは、相方の矢部浩之だった。

問題となった岡村の発言

 改めて振り返ると、今回の岡村の発言は、「新型コロナウイルスの影響で風俗に行けない」というリスナーからの相談に答えるものだった。これに対し岡村は、「苦しい状況が続きますから、コロナ明けたら、なかなかのかわいい人が、短期間ですけれども、美人さんがお嬢をやります。なんでかって言ったら、短時間でお金を稼がないと苦しいですから」などと返答。多くの批判を浴びる結果となった。

 この発言は当然、問題のあるものだ。疫病が社会を襲うこの状況下で、多くの人が“持たざる者”になっていくのを、“持てる者”が待ち望む。そんな発言が深夜ラジオとはいえ公共の場でなされた事実について、擁護するのは難しい。

 30日の放送は冒頭から、岡村が今回の発言について謝罪と反省を語り続ける形で始まった。CMや音楽を挟みながら繰り返される謝罪と反省。「ホントに反省してます」「ホントに思ってます」と連呼される念押し。当然、空気は重い。このまま2時間の放送が続くのか。そんなタイミングで、矢部はやってきた。