森保一監督

 サッカー日本代表の歴史的“大金星”だ。ワールドカップ(以下、W杯)カタール大会で強豪がひしめく“死のグループE”にて、初戦のドイツ戦に2対1で勝利し、見事に勝ち点3を手にしたのだ。

「2大会連続の決勝トーナメント進出にグッと近づきました!」と興奮するのはスポーツ紙・サッカー担当記者。

「親善試合でもないW杯の本気舞台でドイツに勝ったという事実が、日本代表の真の強さを物語っています。かつて代表を牽引した中田英寿や本田圭佑といった絶対的大黒柱がいないとされる現代表ですが、選手、監督を含めたチーム全員が一丸となって勝ち取った試合でした。

 特に就任当初より、戦術や采配をめぐって批判の的となっていた森保一監督には、ネット上で早くも“ごめんなさい”の大合唱が起きていますよ(笑)」

 同点ゴールを決めた堂安律選手、その攻撃の起点となった三苫薫選手と南野拓実選手。そして値千金の決勝ゴールを決めた浅野選手と、“ドーハの奇跡”を演出したのは、森保監督が後半から送り出した“リザーブ”選手たち。

「森保さんも28年前に“ドーハの悲劇”のピッチにいた、カタールの地は特別な思いを持っている1人。まるで、当時のキャプテンだったラモス瑠偉さんが常日頃口にしていた“気持ち”を入れられたように、後半に入って選手の動きがグッと良くなった印象。

 おそらくは前半終了後のロッカールームで、森保監督が選手たちにゲキを飛ばしたのでしょう」(前出・記者)

ハーフタイムに突然の監督インタビュー

 そんなハーフタイムの終了間際、テレビにて試合を見ていたサッカーファン、並びに視聴者を驚かせる出来事が起きた。まだ試合の途中だというのに、選手たちが後半のピッチに駆け出している最中に、突如として森保監督のインタビューが始まったのだ。

【選手たちは粘り強く戦ってくれました。PKの失点は痛かったですけど、ある程度相手に押される事も想定しながら、我慢強く戦うということ。ビハインドを負っても、この状態を崩壊することなく、キープしようと戦ってきている。選手たちはプラン通りに戦ってくれています。もう1度相手の戦いを止めながら、前半同様のチャンスがくると思いますので、チャンスの時に決めきれるように準備して、選手たちに粘り強く戦ってほしいと思います】