現地18日、香港のシャティン競馬場にてG2ジョッキークラブマイル(芝1600m)が行われ、圧倒的な1番人気に推されていた昨季の年度代表馬ビューティージェネレーションが快勝した。

 いったん下げたビューティージェネレーションはレース中盤で一気に2番へ進出。直線を向く前に先頭に立つと、そのまま押し切った。2着は3馬身差でサザンレジェンド。さらに短アタマの3着にビューティーオンリーが入った。

 J.ムーア厩舎の6歳馬ビューティージェネレーションは、昨年のこのレース3着から続く香港マイルでG1初制覇。さらに今年2月のクイーンズシルバージュビリーカップ、4月の香港チャンピオンズマイルも勝って年度代表馬に選出された。今年は10月のG3セレブレーションカップ、G2シャティントロフィー、そして今回で重賞4連勝となった。