藤原英昭 調教師(ヴァンドギャルド)

「結果は残念でしたが、今回、挑戦させてもらったオーナーサイドには本当に感謝しています。現地の人馬は頑張ってくれているので、結果が伴わなかったのは調教師の責任です。ゲートでの思わぬアクシデントの影響で、馬の集中力が途切れてしまった事が大きかったですね。挑戦を続けていくことが大切だと思うので、これからも精進してまいります」

福永祐一 騎手(ヴァンドギャルド)

「スタートを決めて良い競馬をするというプランでしたが、そのスタートをうまく決められなかったので悔いが残ります。スタートをうまく出せなかった、それが全てです。応援してくれた日本の競馬ファンには申し訳ない気持ちでいっぱいです。日本での競馬の時は少しうるさい馬が今日は落ち着いていましたが、スタート後のダッシュがつきませんでした。レース展開は速くならないと思っていたので前目のポジションでと思っていたのですが、そのあたりがうまくいきませんでした。責任を感じています」