現地1日、英アスコット競馬場にてG3サガロステークス(芝16ハロン)が行われ、W.ビュイック騎乗のディーエックスビーが1番人気に応えて快勝した。

 2着は3馬身1/4差でレイモンドタスク。障害レースでG1勝ちの実績があり、3番人気に推されていたヴァーダナブルーは4着だった。

 M.ジョンストン厩舎の4歳馬ディーエックスビーは、昨年の英ダービーで2着。その後はパリ大賞3着、英セントレジャー4着、バイエルン大賞3着と各国のG1で善戦どまりだったが、今回は休み明けの今年初戦といえども格の違いを見せつけた。