現地1日、米サンタアニタパーク競馬場でG2サンタマリアステークス(3歳以上牝馬、ダート8.5ハロン)が行われ、2番人気のラフォースが最後方の5番手から最終コーナー手前で捲り気味に仕掛け、圧倒的1番人気パラダイスウッズの追撃を1馬身1/4差振り切った。

 パワー産駒(その父オアシスドリーム)の5歳馬ラフォースはイタリアでデビュー後にアメリカへ移籍。これまでブリーダーズカップジュベナイルフィリーズターフを手始めに重賞を11戦して2着は4回あったが、前走10馬身余りの差をつけられて大敗したパラダイスウッズに雪辱し、12度目の挑戦で待望の初タイトルを手にした。