米G1ブリーダーズカップダートマイル(3歳以上、ダート1600m)が現地2日にサンタアニタパーク競馬場で行われ、好スタートから主導権を握った4番人気のスパントゥランが後続を2馬身3/4差と寄せつけず逃げ切った。

 圧倒的人気を集めたオマハビーチは前後二分の後方集団から追い込むも2着まで。さらに1馬身1/4差の3着には韓国調教馬のブルーチッパー(7番人気)が2番手から粘り込み、2番人気のインプロバブルは好位から失速して5着に終わった。

 3歳馬のスパントゥランはG3スマーティージョーンズステークスに続く2度目の重賞勝ちでG1初制覇。これまで2度挑んだG1レースでは、7月のハスケル招待ステークスでマキシマムセキュリティの3着、9月のペンシルベニアダービーでマスウィザードの5着だった。