現地23日、米アケダクト競馬場にてG3レッドスミスステークス(芝11ハロン)が行われ、J.カステリャーノ騎乗のサドラーズジョイが1番人気に応えて快勝した。2着は2馬身差でレッドナイトだった。

 T.アルバートラニ厩舎の6歳馬サドラーズジョイは、2017年8月にG1ソードダンサーステークスを制覇。その後も昨秋のブリーダーズカップターフ3着、今年のソードダンサーS2着などG1で好走を繰り返していたが、白星は昨年3月のG2マックディアーミダステークス以来、約20カ月ぶりだった。