現地21日に米サンタアニタパーク競馬場で行われたG3サンファンカピストラーノステークス(3歳以上、芝14ハロン)は、中盤まで5番手を追走したU.リスポリ騎乗のレッドキング(2番人気)が、最終コーナー先頭の構えから4馬身1/4突き抜けて圧勝した。

 4番人気のシベリアンアイリスが勝ち馬の後方から2着に続き、1番人気のウォードンジェリーはハナを切るもさらに3/4馬身差の3着に敗れた。

 レッドキングはイングリッシュチャンネル産駒の6歳牡馬で重賞初制覇。昨年のサンファンカピストラーノSで3着に敗れ、それ以来となる3度目の重賞挑戦をものにした。