現地5日に英サンダウン競馬場にて行われるG1エクリプスステークス(芝1990m)の枠順が確定。昨年の欧州年度代表馬エネイブルは7頭立ての3番枠に入った。

 欧州遠征中の日本馬ディアドラは7番枠で、O.マーフィー騎手が騎乗する。

 前走の英G1コロネーションカップを勝ったガイヤースは6番枠。昨年にG1を2勝しているジャパンは4番枠に決まった。なお英G1プリンスオブウェールズステークスを圧勝したロードノースは出走を回避している。

 なお同レースのスポンサーでもあるブックメーカーのコーラルによると、1番人気はエネイブルで2.1倍。ガイヤース(3.25倍)、ジャパン(5倍)までが10倍以下で、ディアドラはマジックワンド(19倍)に続く23倍で5番人気となっている。