米サラトガ競馬場で現地8日にG1バレリーナステークス(3歳以上牝馬、ダート7ハロン)が行われ、2番人気のセレンゲティエンプレスが発馬で後手に回るも最内枠からハナを主張すると、1番人気ベラフィナの追撃を振り切った(1馬身差)。

 1馬身1/2差の3着に6番人気のヴィクティムオブラブが続き、3番人気のカムダンシングはさらに1/2馬身差の4着に終わった。

 セレンゲティエンプレスは昨年のケンタッキーオークス以来となる2度目のG1制覇。重賞は3月のG2アゼリステークスに続く通算5勝目となった。