現地12日に愛レパーズタウン競馬場にて行われるG1アイリッシュチャンピオンステークスの出走馬と枠順が確定。注目のガイヤースも出走に踏み切り、6頭立ての3番枠に入った。

 10日にガイヤースの追い切りを済ませたC.アップルビー調教師は「強い調教はしなかった。普段のレース3日前だ。彼も次のビッグレースに備えていると語ってくれている」とコメント。「本当に週末が楽しみだ。今年になって3つのG1を含む4戦全勝と、キャリアのピークでアイルランドに向かうことになる」と語っていた。

 そのほかでは、A.オブライエン厩舎がジャパン(2番枠)、マジカル(5番枠)、アーモリー(6番枠)の3頭出し。昨年の仏ダービー馬ソットサスが1番枠で、6月の英G2ムーアズブリッジステークス勝ちのレオデフューリーが4番枠となっている。