現地30日、10月4日に行われる仏G1凱旋門賞の追加登録が締め切られ、A.オブライエン厩舎の英ダービー馬サーペンタインが新たにエントリーした。

 7万2000ユーロ(約890万円)を払って追加登録したのはサーペンタインのみで、これで凱旋門賞の登録馬は全16頭となった。

 サーペンタインは人気薄で出走した7月の英ダービーを5馬身半差で逃げ切り勝ち。それ以来の出走だった9月13日の仏G1パリ大賞は同厩馬モーグルの4着だった。

 なおオブライエン厩舎はサーペンタインの追加登録でモーグル、ジャパン、ソヴリン、そして英二冠牝馬ラブの5頭出しとなっている。