現地17日に英アスコット競馬場にて行われるG1英チャンピオンステークス(芝10ハロン)の枠順が確定。昨年からの連覇を狙うマジカルは11頭立ての6番枠に入った。

 マジカルは昨年のこのレースを勝利後、今年はプリティポリーステークス、タタソールズゴールドカップ、アイリッシュチャンピオンステークスとG1を3勝。管理するA.オブライエン調教師は『スカイスポーツレーシング』の取材に対し、「もしすべて順調ならば、この後はキーンランド(米ブリーダーズカップ)へ向かう可能性が高い」と話している。

 そのほかでは、昨年2着のアデイブは11番枠、今年の仏ダービー馬ミシュリフは9番枠、6月の英G1プリンスオブウェールズステークスを勝ったロードノースが7番枠、凱旋門賞を直前回避したオブライエン勢のジャパンが2番枠、英ダービー馬サーペンタインが5番枠に入っている。