現地17日に英アスコット競馬場にて行われるG1英チャンピオンズフィリーズ&メアズステークス(牝馬限定、芝12ハロン)の枠順が確定。前売り1番人気に推されている3歳馬ワンダフルトゥナイトは12頭立ての9番枠に入った。

 フランスを主戦場としてきたワンダフルトゥナイトはクラシックこそ不出走だったが、8月のG3ミネルヴ賞で重賞初制覇。9月の仏G1ヴェルメイユ賞5着後の前走、ロワイヤリュー賞でG1初制覇を果たした。

 そのほか、ヴェルメイユ賞ではワンダフルトゥナイトに先着の3着と好走したダムマリオットが4番枠、2連勝でG3プリンセスロイヤルステークスを勝ったアントニアデベガが11番枠、愛オークス馬イーブンソーが3番枠となっている。