現地6日、米キーンランド競馬場にてG2サラブレッドアフターケアアライアンスステークス(ダート13ハロン)が行われ、I.オルティスJr.騎乗のロケットリーが勝利した。

 1馬身差の2着はアルゼンチン産馬のミリニャーケ。さらに1馬身差の3着にはダックジャニエルズが続き、人気薄の馬たちが上位を占める波乱となった。

 J.ジャーケンス厩舎のロケットリーはハードスパン産駒の6歳馬。2018年11月にも当時はマラソンステークスという名称だった当レースを勝っており、今回はそれ以来の白星だった。