現地23日に米ガルフストリームパーク競馬場にて行われる賞金300万ドル(約3億1000万円)のG1ペガサスワールドカップ(ダート9ハロン)の招待馬が発表。連覇を狙うムーチョグストら16頭が名を連ねた。

 そのほかの主な招待馬は、ムーチョグストと同じB.バファート厩舎の所属でG1マリブステークスを勝ったシャーラタン、G1ブリーダーズカップダートマイルをレースレコードで逃げ切ったニックスゴー、同3着のシャープサムライ、G1クラークステークス2着のコードオブオナー、G2サンアントニオステークスでムーチョグストを下したキストゥデイグッバイなど。

 なお日本馬の名前は補欠馬を含めてもなかった。