サウジアラビアジョッキークラブ(JCSA)は現地13日、2月19日と20日にかけて行われるサウジカップ開催への登録馬を発表した。

 賞金総額2000万ドル(約21億円)のサウジカップには、9カ国から100頭以上がエントリー。その中には昨年に牝馬ながら米三冠レースのG1プリークネスステークスを制したスイススカイダイバー、12月にG1マリブステークスを勝ったシャーラタン、さらにG1ブリーダーズカップダートマイルの覇者ニックスゴーなどが含まれている。

 また欧州からはG1の常連アデイブや昨年の仏ダービー馬ミシュリフ、オールウェザーで実績のあるグローバルジャイアントにドバイウォリアーらが登録。日本からもG1東京大賞典を勝ったオメガパフューム、ジャパンダートダービー勝ち馬ダノンファラオ、G1チャンピオンズカップを制したチュウワウィザードらが名を連ねた。