現地30日、米サンタアニタパーク競馬場にてG2サンパスカルステークス(ダート9ハロン)が行われ、J.ヘルナンデス騎乗のエクスプレストレインが快勝した。

 5頭立ての4番手に控えたエクスプレストレインはコーナーで内から外に持ち出してスパート。鞍上の鞭に応えてしっかり伸び、前をまとめて差し切った。

 2着は3馬身1/4差でティズアマジシャン。昨年の3歳戦線で有力馬の一角だったキングギレルモは勝ち馬から20馬身以上離れた5着だった。

 J.シレフス厩舎の4歳馬エクスプレストレインはユニオンラグズ産駒。クラシックとは無縁だったが昨年末のG1マリブステークスでシャーラタンの2着に入っており、今回が重賞初制覇となった。