昨年11月に米G1ブリーダーズカップジュベナイルターフを人気薄で制したファイアアットウィルが、現地27日のG2ファウンテンオブユースステークス(3歳、ダート8.5ハロン)に参戦し、ダートのクラシック戦線に挑戦する予定であることが分かった。

 これは米競馬メディア『bloodhorse.com』が報じたもの。デクラレーションオブウォー産駒のファイアアットウィルは馬場コンディション不良のため芝8.5ハロンからダート7ハロンにレース直前で変更された昨年9月のウィズアンティシペーションステークスで初勝利。10月には芝8.5ハロンのG2ピルグリムステークスで重賞初制覇を飾り、続くBCジュベナイルターフで3連勝とした。

 ファウンテンオブユースSはケンタッキーダービー指定ポイントレースで、3月のG1フロリダダービーへ向けた重要なステップレース。今年は1月末のG3ホーリーブルステークスを勝ったグレーテストオナーやG3スウェイルステークスの勝ち馬ドレインザクロックの参戦が見込まれている。