現地27日、米チャーチルダウンズ競馬場にてG2ゴールデンロッドステークス(2歳牝馬、ダート8.5ハロン)が行われ、R.ヴァスケス騎乗のドリームリスが勝利した。

 道中は中段に控えたドリームリスは、直線で大外に持ち出してスパート。逃げ粘ったユウギリをとらえて1馬身差の勝利を収めた。

 さらに3馬身1/4差で1番人気に推されていたサンドストーン。G1馬エッセンシャルクオリティの半妹フェイムドは好位から伸びあぐね、勝ち馬から7馬身半差の4着に終わった。

 R.ディオドロ厩舎のドリームリスはメダグリアドーロ産駒。デビュー勝ち後はスピナウェイステークス5着、アルシビアデスステークス5着とG1で連敗したが、G2のここで重賞初勝利を手にした。