現地27日、米チャーチルダウンズ競馬場にてG2ケンタッキージョッキークラブステークス(2歳、ダート8.5ハロン)が行われ、C.ラネリー騎乗のスマイルハッピーが快勝した。

 1番人気のクラシックコーズウェイとほぼ並ぶ4、5番手でレースを進めたスマイルハッピーは、直線で鋭く伸びて先頭に。追いすがるクラシックコーズウェイを突き放して3馬身1/4差で勝利した。

 K.マクピーク厩舎のスマイルハッピーはランハッピー産駒。10月末のデビュー戦(ダート8.5ハロン)を5馬身半差で快勝して臨んだ今回も勝って無傷での重賞制覇を達成し、来年のG1ケンタッキーダービー有力候補に躍り出た。