現地1日、米サンタアニタパーク競馬場にてG3ラカナダステークス(4歳以上牝馬、ダート8.5ハロン)が行われ、F.プラ騎乗のアズタイムゴーズバイが1番人気に応えて圧勝した。

 逃げ馬の直後の2番手につけたアズタイムゴーズバイは、第3コーナーで馬なりのまま早くも先頭に。直線では差を広げる一方で、最後は逃げ粘っていたパークアベニューに13馬身半差の楽勝だった。

 B.バファート厩舎のアズタイムゴーズバイはアメリカンファラオ産駒の5歳馬。昨年は3月のG1ビホルダーマイルステークス2着のほか、G2サンタマルガリータステークスなど重賞を3勝しており、今回は12月のG3バヤコアステークスからの2連勝となった。