現地8日、米サンタアニタパーク競馬場でG2サンタイネスステークス(3歳牝馬、ダート7ハロン)が6頭により争われ、1番人気のアンダーザスターズが先行争いから直線入口で抜け出すと、外から追いすがる3番人気アウェイクアットミッドナイトを3/4馬身振り切った。

 勝ち馬と先行争いを演じていた4番人気のミスマッティービーが6馬身1/2離れた3着に流れ込み、2番人気のビッグスウィッチは後方のまま見せ場なく4着に終わった。

 アンダーザスターズはクールモアのD.スミス氏ら3氏が共同所有し、B.バファート調教師が管理するパイオニアオブザナイル産駒で、昨年10月31日にサンタアニタパーク競馬場でデビュー。3戦目の前走にロスアラミトス競馬場のダート6ハロンで初勝利を挙げていた。バファート師はこのレース3連覇で通算7勝目としている。