現地22日、米キーンランド競馬場で牝馬G3ダブルドッグデアステークス(4歳以上、ダート8.5ハロン)が行われ、単勝1.3倍の圧倒的人気に推されたマラサートが先頭から10馬身ほどの4番手で半マイル地点を通過すると、直線半ばで先頭に立ち最後方から連覇を狙う2番人気ボニーサウスを振り切った(3/4馬身差)。

 さらに1馬身差の3着は逃げ粘る4番人気レディミスティファイと離れた2番手から続く最低6番人気のスーパークイックが同着で分け合った。

 昨年のケンタッキーオークス馬マラサートはマルシュロレーヌの3着に敗れたブリーダーズカップディスタフ以来となる4歳初戦を制して通算5度目の重賞勝ち。通算成績を9戦7勝(G1レース3勝)としている。