現地12日、英ヨーク競馬場にて英ダービーの前哨戦にあたるG2ダンテステークス(3歳、芝10.5ハロン)が行われ、R.キングスコート騎乗のデザートクラウンが快勝した。

 中段からやや後方に控えて機をうかがっていたデザートクラウンは、直線で他馬が追い出す中で仕掛けをワンテンポ遅らせて馬群の外からスパート。内からは英2000ギニー8着のロイヤルパトロネージが追いすがったが、3馬身1/4差の勝利を収めた。

 2歳時に仏G1クリテリウムドサンクルーを勝ち、今回が休み明けだったエルボデゴンはブービーの7着に沈んだ。

 M.スタウト厩舎のデザートクラウンはナサニエル産駒。2歳時に8.5ハロンのデビュー戦を5馬身半差で圧勝後は休養に入り、今回が2戦目にして重賞初挑戦での初制覇となった。

 この結果を受け、ブックメーカーの『ベットフェア』と『パディパワー』は英ダービーでのデザートクラウンのオッズを3倍の1番人気に設定。『コーラル』は3倍のストーンエイジに次ぐ4倍としている。